新企画-オリーブオイル、エキストラバージンオイルをもとめて

Buongiorno.
みなさん、こんにちは

今日は、Massimoさんと食品関係の取引についてミーティングしました。
彼は食品機材会社で働いていて、
パスタやオリーブオイル、サラダ油、
変わったところですとお弁当のような作り上がった食品も扱っています。

オリーブオイルの仕入先を知り合いから頼まれていましたので、
情報収集です!

olio di oliva

オリーブオイルは、
大きな会社ですと何種類かもっていますが、
小さな会社ですと、
自分の畑で取れるものだけ扱っている場合は
種類はエキストラバージンオイルのナチュラルとバイオのものだけですね。

もしくは、オリーブを絞ってオイルにする会社ですと
自社の畑も有りますが、
周りの農家の人がその工場にもってきてオリーブオイルにするという仕組みの会社もあります。

オリーブオイルはトスカーナが一番

トスカーナの自社畑だけで作っているのが一番高級志向です。
でそのオリーブの葉と種を抜いて身だけで絞る過程ですと更に良いオリーブオイルができます。

一般には混ぜあわせているものが主流になるのかなと思います。

  • 混ぜあわせでも、トスカーナの各畑で取れたものを混ぜあわせるもの。
  • トスカーナとマルケやラッツオ、プーリア等の地域ものを混ぜているもの。
  • 国をまたいで、スペイン、ギリシャと混ぜたもの。

とかなり選択肢があるので、
一社だとたと比べることができないので
何社も回らないと味くらべ用のサンプルは手にはいらない状況です。

どのオリーブオイルのレベルのものを
どのくらい買いたいのかによって紹介できるオリーブオイルの会社が決まります。

そうしないと、サンプル集めだけで大変な経費と労働力が必要になります。

olio di oliva1

梱包も大事ですね。
ボトル、ラベルもしくは缶。

運送会社はどこ使う?
クライアントと提携してる会社
もしくは、工場側?
船がいいか飛行機か?

必要書類はたりてるか?

一連の流れを模索中です。

それでは、また進展したら記事アップします!

失礼します。

ということでプレゼン思考中です。

——————————-

豆知識としては、

オリーブオイルって料理用とサラダ用分かれています。
140度超える料理に使うのであれば
あんまりエキストラバージンオイルは適してないみたいです。

個人的には、オリーブオイルの唐揚げ好きなんですけど。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.